「決算書読める化」プロジェクト


   [キャッシュフロー計算書]




←前ページ 目次へ戻る →次ページ

11.連結C/Fの実例をカスタマイズする

それでは連結キャッシュフロー計算書をカスタマイズしてみましょう。
東証1部上場の「江崎グリコ株式会社」の2019年3月期決算のC/Fを カスタマイズすると次のようになります。

【カスタム キャッシュ・フロー計算書】   (単位:百万円)
T. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  キャッシュ本業利益29,573
  運転資本増加額▲2,718
  その他資本減少額   93
  小 計(本業キャッシュフロー)26,950
  法人税等▲6,626
  営業活動によるキャッシュ・フロー  20,324
U. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  設備投資▲17,547
  資産運用投資8,503
  その他   347
  投資活動によるキャッシュ・フロー   ▲8,697
V. 財務活動によるキャッシュ・フロー
  有利子負債の減少▲751
  株主還元▲3,521
  その他 ▲291
  財務活動によるキャッシュ・フロー  ▲4,566
W. 現金及び現金同等物に係る換算差額▲840
X. 現金及び現金同等物の増加額6,219
Y. 現金及び現金同等物の期首残高 93,017
Z. 現金及び現金同等物の期末残高 99,237

非常に健全なキャッシュフローであることがわかります。今期のキャッシュフローは6,219百万円のキャッシュ 増加ですが、その内訳は営業活動で20,324百万円キャッシュを獲得し、その資金で投資活動で8,697百万円、 財務活動で4,566百万円のキャッシュを支出しています。その結果期末のキャッシュ残高は99,237百万円に なっています。来期にはキャッシュ残高が1000億円の大台に乗っていることは確実でしょう。

ただ気になるのは期末のキャッシュ残高が非常に多いことです。キャッシュ本業利益29,573百万円の 約3倍ほどのキャッシュ残高を保有しています。また、キャッシュ残高は株主還元3,521百万円の 約28倍になります。部外者がどうのこうのと言えるものではありませんのでこの話はここまでとします。

キャッシュフローの内訳ですが、キャッシュ本業利益が潤沢にあるので営業活動によるキャッシュフロー はかなり良好な状態です。営業活動で獲得した資金20,324百万円を使って投資活動の設備投資17,547百万円 を行っているので無理せずに設備の更新などを行っているのでしょう。また、投資活動の資産運用投資で 資金を8,503百万円獲得し、この資金で有利子負債の返済751百万円、と株主還元3,521百万円を行っているので 財務的には無理をせずに健全な体質を維持していると思われます。

カスタマイズをする前のオリジナルのC/Fは次のとおりですので内訳明細はこちらでご確認下さい。

【キャッシュ・フロー計算書】   (単位:百万円)
T. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  税金等調整前当期純利益18,798
  減価償却費13,175
  減損損失307
  退職給付に係る資産負債の増減額▲1,298
  BIP株式給付引当金の減少額▲75
  株式給付引当金の増加額44
  販売促進引当金の増加額561
  貸倒給付引当金の増加額24
  受取利息及び受取配当金▲1,274
  支払利息33
  為替差益▲275
  固定資産売却益▲358
  固定資産除却損336
  投資有価証券売却益▲425
  売上債権の減少額903
  たな卸資産の増加額▲3,761
  仕入債務の増加額140
  その他93
  小 計26,950
  法人税等の支払額 ▲6,626
  営業活動によるキャッシュ・フロー20,324
 
U. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  定期預金の預入による支出▲7,170
  定期預金の払戻による収入13,970
  有価証券の売却による収入600
  投資有価証券の取得による支出▲1,355
  投資有価証券の売却及び償還による収入1,104
  有形固定資産の取得による支出▲16,890
  有形固定資産の売却による収入930
  無形固定資産の取得による支出▲1,587
  投資不動産の賃貸による収入687
  貸付による支出▲5
  貸付金の回収による収入51
  利息及び配当金の受取額1,354
  その他  ▲386
  投資活動によるキャッシュ・フロー▲8,697
 
V. 財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入金の純減額▲496
  長期借入金の返済による支出▲222
  利息の支払額▲33
  配当金の支払額▲3,623
  非支配株主への配当金の支払額▲15
  自己発行の売却による収入252
  自己発行の取得による支出▲150
  その他    ▲276
  財務活動によるキャッシュ・フロー▲4,566
 
W. 現金及び現金同等物に係る換算差額▲840
X. 現金及び現金同等物の増加額6,219
Y. 現金及び現金同等物の期首残高93,017
Z. 現金及び現金同等物の期末残高99,237



2020/3/15


←前ページ ページの先頭 →次ページ

(C) 2020 Haku CPA