「決算書読める化」プロジェクト


   [キャッシュフロー計算書]




←前ページ 目次へ戻る →次ページ

9.C/Fをカスタマイズして「C/F読める化」

ここではキャッシュフロー計算書をカスタマイズして「C/F読める化」を実現する 方法を解説します。
C/Fのカスタマイズは比較的簡単です。営業活動、投資活動、財務活動の3区分毎に フツーの人が見て理解しやすい用語で分類集計するだけです。分類方法についてはこの サイトで解説している方法以外にもあると思いますので各自わかりやすい方法で行えば よろしいかと思います。カスタマイズの趣旨はあくまでも経営者が自社の決算書を読める ようになり決算書が今後の経営に役立つようになることにあるのでこの趣旨に基づいて ご自由に行って下さい。

まず最初にC/Fの様式を再掲します。

【キャッシュ・フロー計算書】
T. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  税引前当期純利益 ×××
  減価償却費 ×××
  のれん償却額 ×××
  貸倒引当金の増加額 ×××
  受取利息及び受取配当金▲×××
  支払利息 ×××
  為替差損 ×××
  持分法による投資利益▲×××
  有形固定資産売却益▲×××
  損害賠償損失 ×××
  売上債権の増加額▲×××
  たな卸資産の減少額 ×××
  仕入債務の減少額▲×××
     :   :
  小 計 ×××
  利息及び配当金の受取額 ×××
  利息の支払額▲×××
  損害賠償金の支払額▲×××
     :
  法人税等の支払額▲×××
  営業活動によるキャッシュ・フロー   ×××
 
U. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  有価証券の取得による支出▲×××
  有価証券の売却による収入 ×××
  有形固定資産の取得による支出▲×××
  有形固定資産の売却による収入 ×××
  投資有価証券の取得による支出▲×××
  投資有価証券の売却による収入 ×××
  連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得▲×××
  連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却 ×××
  貸付による支出▲×××
  貸付金の回収による収入 ×××
     : :
  投資活動によるキャッシュ・フロー    ×××
 
V. 財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入れによる収入 ×××
  短期借入金の返済による支出▲×××
  長期借入による収入 ×××
  長期借入金の返済による支出▲×××
  社債の発行による収入 ×××
  社債の償還による支出▲×××
  株式の発行による収入 ×××
  自己発行の取得による支出▲×××
  親会社による配当金の支払額▲×××
  少数株主への配当金の支払額▲×××
     : :
  財務活動によるキャッシュ・フロー   ×××
 
W. 現金及び現金同等物に係る換算差額  ×××
X. 現金及び現金同等物の増加額  ×××
Y. 現金及び現金同等物の期首残高  ×××
Z. 現金及び現金同等物の期末残高  ×××


それでは「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分からカスタマイズします。
この区分は大きく「小計」までとそれ以下の部分に分かれています。 「小計(本業キャッシュフロー)」は大きくP/L項目とB/S項目に分かれています。 P/L項目を集計した金額をこのサイトでは「キャッシュ本業利益」と呼んでいます。 まず先頭行の「税引前当期純利益」(連結決算では「税金等調整前当期純利益」)から 「売上債権の増減額」の一つ前の行までを集計して「キャッシュ本業利益」を算出します。 次にB/S項目ですが、これは大きく「狭義の運転資本の増減」と 「その他資本の増減」に分かれます。最初に「売上債権の増減額」、「たな卸資産の増減額」、 「仕入債務の増減額」の3行を集計して「運転資本増減額」を算出し、次に残りの行を集計して 「その他資本増減額」を算出します。算出した「キャッシュ本業利益」、「運転資本増減額」、 「その他資本増減額」を合計すると「小計(本業キャッシュフロー)」となります。
小計以下については「財務損益」、「キャッシュ本業以外損益」、「法人税等」に分類集計するだけです。 「利息及び配当金の受取額」と「利息の支払額」を合計すれば「財務損益」となり、「法人税の 支払額」はそのまま「法人税等」となり、これら以外を集計すれば「キャッシュ本業以外損益」となります。
「小計(本業キャッシュフロー)」と「財務損益」、「キャッシュ本業以外損益」、「法人税等」を合計すれば 「営業活動によるキャッシュ・フロー」が算出されます。次のようなイメージになります。
(なお「本業キャッシュフロー」、「キャッシュ本業利益」、「キャッシュ本業以外損益」はこのサイトで 使用しているだけで一般的な用語ではありませんのでご注意下さい。)

T. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  キャッシュ本業利益 ×××
  運転資本増加額▲×××
  その他資本減少額 ×××
  小 計(本業キャッシュフロー) ×××
  財務損益▲×××
  キャッシュ本業以外損益▲×××
  法人税等▲×××
  営業活動によるキャッシュ・フロー   ×××



次に「投資活動によるキャッシュ・フロー」の区分をカスタマイズします。
この区分は「設備投資」、「事業投資」、「資産運用投資」、「その他」で分類集計します。 このうち「事業投資」はグループ会社への投資を意味します。
これらの4分類の名称を見ると常にキャッシュフローはマイナスになると思いがちですが、 例えば設備を売却すればキャッシュフローはプラスとなりますし、手持ちの有価証券を 売却してもキャッシュフローはプラスになります。また定期預金が満期なってもキャッシュフローは プラスになるので、必ずしもマイナスになるとは限りません。
これらの分類で集計した「投資活動によるキャッシュ・フロー」は次のようになります。

U. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  設備投資▲×××
  事業投資▲×××
  資産運用投資▲×××
  その他 ×××
  投資活動によるキャッシュ・フロー   ▲×××


最後に「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分をカスタマイズします。
この区分は「有利子負債の増減」、「株主還元」、「増資」、「その他」で分類集計します。なお、 自己株式の取得は「株主還元」に分類します。また、連結C/Fでは「少数株主への配当金の支払額」 という項目がある場合がありますが、これは「その他」に分類されます。詳しくは 「6.財務活動によるキャッシュ・フローの解説」をご覧下さい。
これらの分類で集計した「財務活動によるキャッシュ・フロー」は次のようになります。

V. 財務活動によるキャッシュ・フロー
  有利子負債の増減 ×××
  株主還元▲×××
  増資 ×××
  その他▲×××
  財務活動によるキャッシュ・フロー   ×××


あと、「W. 現金及び現金同等物に係る換算差額」以下についてはカスタマイズはありません。 以上のカスタマイズの結果をまとめると「カスタマイズC/F」は次のようになります。



【カスタマイズ キャッシュ・フロー計算書】
T. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  キャッシュ本業利益 ×××
  運転資本増加額▲×××
  その他資本減少額 ×××
  小 計(本業キャッシュフロー) ×××
  財務損益▲×××
  キャッシュ本業以外損益▲×××
  法人税等▲×××
  営業活動によるキャッシュ・フロー   ×××
U. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  設備投資▲×××
  事業投資▲×××
  資産運用投資▲×××
  その他 ×××
  投資活動によるキャッシュ・フロー   ▲×××
V. 財務活動によるキャッシュ・フロー
  有利子負債の増減 ×××
  株主還元▲×××
  増資 ×××
  その他▲×××
  財務活動によるキャッシュ・フロー   ×××
W. 現金及び現金同等物に係る換算差額  ×××
X. 現金及び現金同等物の増加額  ×××
Y. 現金及び現金同等物の期首残高  ×××
Z. 現金及び現金同等物の期末残高  ×××



このように分類集計して表示をするとまず思うのがそれぞれの分類の内訳明細を知りたいと 思うことです。また、様々な疑問がわくはずです。このように決算書を見て反応があると いう事は非常に重要です。詳しく知りたい、あるいは疑問がわくということが決算書を 読むということにつながるからです。ここまで来れば必ずC/Fを読めるはずです。

2020/3/7


←前ページ ページの先頭 →次ページ

(C) 2020 Haku CPA