「決算書読める化」プロジェクト


   [キャッシュフロー計算書]




←前ページ 目次へ戻る →次ページ

4.営業活動によるキャッシュ・フローの解説

C/Fは3つの活動区分のキャッシュフローを計算しています。営業活動、投資活動 そして財務活動です。このページではこれらのうちで一番重要な営業活動によるキャッシュフロー について解説いたします。

まず最初にもう一度C/Fの営業活動によるキャッシュ・フローを見てみましょう。

T. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  税引前当期純利益 ×××
  減価償却費 ×××
  のれん償却額 ×××
  貸倒引当金の増加額 ×××
  受取利息及び受取配当金▲×××
  支払利息 ×××
  為替差損 ×××
  持分法による投資利益▲×××
  有形固定資産売却益▲×××
  損害賠償損失 ×××
  売上債権の増加額▲×××
  たな卸資産の減少額 ×××
  仕入債務の減少額▲×××
     :   :
  小 計 ×××
  利息及び配当金の受取額 ×××
  利息の支払額▲×××
  損害賠償金の支払額▲×××
     :
  法人税等の支払額▲×××
  営業活動によるキャッシュ・フロー   ×××

損益計算書に例えるとわかりやすいかもしれません。途中にある「小計」が営業利益で、 これに財務損益、営業外損益そして法人税を加減算した結果が「営業活動による キャッシュ・フロー」となります。P/Lだと当期純利益になります。
もちろんP/L金額とC/F金額は一致しませんがこのようにとらえるとわかりやすいです。
C/Fではキャッシュの増減がない損益項目は排除して計算されます。 また、P/Lには反映されないがキャッシュの増減を伴うB/S項目はC/Fに含まれるので C/FとP/Lの金額は大きく異なってきます。会計や経営の勉強をしていると「勘定あって銭足らず」と いうことを聞きますが、利益がでていてもキャッシュフローがマイナスになるような状態です。 このような状態は好ましくはないですが、よくあるので珍しくはありません。

もう少し内容を詳しく見てみましょう。

「小計」までの計算ですが、大きくP/L項目とB/S項目に分かれます。
P/L項目を集計すると「EBITDA+引当金等」になります。このサイトではこれを 「キャッシュ本業利益」と呼ぶことにします。また、「小計」のことをこのサイトでは 「本業キャッシュフロー」と呼ぶことにします。
(「キャッシュ本業利益」および「本業キャッシュフロー」という用語は一般的にはありません。 このサイトだけで使用していますのでご注意下さい。)
EBITDAは Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization の略です。 「利払い、税金、減価償却、償却控除前利益」を意味します。C/Fを見れば税引前当期純利益に 減価償却費、支払利息を加算しているのがわかります。そしてこのEBITDAに引当金繰入額等 を加算してキャッシュ利益を計算しています。引当金繰入額等には引当金繰入額などの非資金費用、利払い以外の財務損益、 キャッシュを伴う営業外損益・特別損失が含まれます。
次に、B/S項目ですが、これは狭義の運転資本の増減、その他の資本の増減に分類されます。
「売上債権の増減」、「たな卸資産の増減」、「仕入債務の増減」を合計した金額が「狭義の運転資本増減」 となります。これら以外の資産の増減と負債の増減を合計した金額が「その他資本増減」となります。 ただし、投資活動、財務活動に含まれるものを除きます。

次に「小計」以下についてですが、ここには財務損益、キャッシュ本業以外損益そして法人税が記載され、「小計」に 加減算して最終の「営業活動によるキャッシュフロー」を計算しています。 もちろん「営業活動によるキャッシュフロー」はプラスでなければ会社の資金繰りは苦しくなります。
(「キャッシュ本業以外損益」という用語は一般的にはありません。 このサイトだけで使用していますのでご注意下さい。)

最後に注意点として、「小計」の金額は非常に重要です。タイトルが「小計」なので見落としがちですが 「小計」はP/Lの営業利益に相当し、「営業活動によるキャッシュフロー」はP/Lの当期純利益に 相当しますのでどちらも重要であることは理解いただけると思います。
例えが悪いかもしれませんが「小計」は社員が汗を流して稼いだ本業から得たキャッシュフローです。

2020/2/15


←前ページ ページの先頭 →次ページ

(C) 2020 Haku CPA